起業・会社設立ならドリームゲート

扶養家族の減少 Supported by KDDI

   

扶養家族の減少

 被扶養者であった方が死亡したり、就職をして自ら健康保険に加入したときなどは、健康保険の資格喪失手続きを行います。健康保険被保険者証は書類に添付して返却します。

健康保険では、業務外の事由による被保険者の病気、けが、死亡、出産等関して保険給付がされますが、被扶養者に対しても同様な保険給付がされます。そのため被扶養者の範囲は厳格に定められており、認定されるには主として被保険者の収入によって生計を維持され、年収が130万円未満で、かつ下記に該当していることが必要です。該当しなくなったときは、資格喪失手続きを必ず行ってください。

  1. 被保険者と同居(同一世帯)の場合
    続柄:・三親等内の親族
       ・事実上婚姻関係と同様の事情にある配偶者の父母、及び子
       ・事実上婚姻関係と同様の事情にある配偶者の死亡後における父母及び子
    年収: 被扶養者の年収が被保険者の年収の2分の1未満であること。
  2. 被保険者と同居(同一世帯)でない場合
    続柄: 直系尊属(父母、祖父母、曾祖父母)、配偶者、子、孫、弟妹
    年収: 被扶養者の年収が被保険者からの仕送り(援助)額より少ないこと。

※年収は、給与収入、地代・家賃収入、公的年金、雇用保険の失業給付などの収入で、今後一年間に見込まれる金額です。
※被扶養者が60歳以上または障害者の場合は、上記130万円未満は180万円未満となります。

こちらで作成できる書類
  • 健康保険 被扶養者(異動)届
  • 国民年金第3号被保険者資格喪失届
  • 健康保険被保険者証回収不能・滅失届
対応条件

一度に入力できるのは、配偶者と3名までの被扶養者(家族)です。