起業・会社設立ならドリームゲート

法的書類生成ツール Supported by KDDI

   

重畳的債務引受契約書

重畳的債務引受契約書とは何か

重畳的債務引受契約書とは、債権者Aと債務者Bに対して、新たに引受人Cが債務を負う際に結ぶ契約書です。債権者から見て、引受人Cは債務者Bと連帯して債務を負う関係になります。この契約は債権者、債務者、引受人三者間で取り交わす形でも、債権者と引受人の二者間の合意のみでも成立します。当ツールでは債権者と引受人の二者間で取り交わす契約書を想定しています。

契約を取り交わした後は、債権者AはBCどちらにも債務の履行を請求できるようになります。金銭の支払いの場合はBCどちらに全額の支払いを請求してもかまいません。

重畳的債務引受契約書を取り交わす際に注意したい事
免責的債務引受契約書との違い

免責的債務引受契約書と違って、元の債務者にも義務が残ったままになります。

重畳的債務引受契約書に必要な内容。構成要素。

当ツールで作成できる重畳的債務引受契約書は、全部で8条で構成されています。


  1. 債務の承認
  2. 債務者
  3. 弁済
  4. 債務の同一性
  5. 準拠法
  6. 合意管轄
  7. 契約内容の変更
  8. 規定外事項
監修
藤井 和彦 (新宿西口総合事務所 司法書士・行政書士・社会保険労務士)